04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

基準を自分の中に 

先週末、ソーニョスタッフでU-18プレミアリーグ【JFAアカデミーvs東京ヴェルディY、静岡学園vs流経大柏】の試合を観戦に時の栖まで行って来ました。



以前からですが、なるべく機会を作ってU-18年代のゲームを観に行くようにしています。

そこから得られるものや気づくこと、そして考えさせられるは本当に多く、それは今指導させてもらってるカテゴリーだけ見ていたらなかなか見えてこないことが多いと考えているからです。

高い基準に触れることで自分自身の感性を磨き、自分自身の中に高い基準を設定するという作業です。


まぁ単純に私自身が色んなチームの試合や指導を見学することが好きというのもありますがww



今回のお目当ては流経大柏。言わずと知れた現代高校サッカーの横綱的存在です。

今年は下級生の頃から注目されていた代で、現に今年のプレミアリーグでもJユースや強豪高校相手に大勝しているということで一度観てみたいと思っていたチームでした。


詳しい試合分析やレポートは苦手なので下記サイトをみてくださいw。

[プレミアリーグEAST]青木スーパーゴール!静学との激戦制した首位・流経大柏、復調へ「大きな1勝」 | ゲキサカ[講談社]


流経大柏の選手達、一人一人のベースが本当に高い。

止める・蹴る・運ぶと言った部分はもちろん、ボールを持った時のアイデアや落ち着き、そしてほんのちょっとの遊び心(コレがめっちゃ大事!!)をいかんなく発揮しシズガク相手に押し切りました。

暁秀高校にお世話になってた大学時代、流経大柏のグラウンドがまだ土だった頃から何度も流経大柏の試合を観ていますが、今回はかなり衝撃を受けました。

今まで培ってきた圧倒的な能力だけでなく、まだまだここから伸びる可能性を持った選手達だと思います。



2点目のシーン、11番の選手がシュートを打つと会場にいる誰もが思ったんじゃないかな。

この11番の選手。聞けばレギュラー2トップが不在でチャンスを与えられた選手だそうです。

競争が激しい超名門チームにあって抜擢された試合でゴールを決めるということがどれだけ大きなアピールになるかは誰もが想像つくと思います。
その絶好の機会で、落ち着いて相手の逆を取れる。これはきっと彼の本当の力なのだと思います。

そして16番。完全に一人だけ次元が違う、そんな落ち着きでした。それを日本の高校サッカーで最高峰と言われるリーグ戦で違いを見せられるレベル。こいつは次に何するんだろう?と観ている人達を惹き込める魅力ある選手でした。


そして対する静岡学園。

敗れはしましたが、途中出場含む6名がこのリーグ戦に初出場だったそうです。
日本最高峰のリーグ戦に固定した10数名だけで戦うのではなく、初出場含む20〜30番台の選手がどんどん出て来れる日々の競争の環境。それを可能にする指導者の熱意。それこそがシズガクなんだと改めて感じることが出来ました。


本当に観に行って良かった、そんなゲームでした。


あのレベルの基準、そしてそれを超える基準というものを私達指導者は自分の中にしっかり持って、それを目の前の子ども達に対する指導に生かしていかなければと改めて考えさせられました。


U18プレミア


最後に、お世話になってる方の文章を引用させて頂きます。一部編集


そのような選手になる為には、選手自身がボールを持ちながら考える時間が必要となる。
そして何よりも「ちらっと見る」「ちょっと顔を上げる」 のではなく、「広角の情報をなめるように見る」。そのためには、ボールをチラチラ見ている場合じゃない。

ドリブルドリブルと訳の分からん輩に 言われることも多いが、ボールを持ちながらいろいろな事を考える時間を用意しているのだ。

高校になったら世界を見据えてやってくれんのか?選手の将来を考えて、失敗を許容してくれるのか(笑)?

「いつやるの?」「今でしょ!」もう古いか。
U-13リーグ戦!U-14リーグ戦!U-15リーグ戦!。勝った負けた。どこが優勝だ?そんなのどうでも良いでしょ。
そんなことばかり外野の親がネットを通して言ってたら、いつまで経っても現場は世界を目標にしない。
J下部から、世界を目指す選手が出るとして も、街クラブからは排出できない。リーグ戦の結果で一喜一憂するのではなく、◯◯県に将来楽しみな選手がどれだけ育ってきているのか。そのような目で観なければ、◯◯県のサッカーの進化はない。
自分の息子がリーグ戦に出て、勝った負けたを言ってる場合じゃない。
常に!常に!常に!ボールを見ないで情報を取りながらプレーしているか?この年代、全力ではなく遊びながらプレーできるのか?ボールを持ちな がら30m先のセンターバックと駆け引きしているか?左右の足を駆使できるのか?1対2でも慌てないでプレーできるのか?キックの種類がどれ だけある?観ている人が騙されるような選択やプレーが習慣的にあるのか?ボールが無い時にどれだけ相手やスペース、味方の動きの情報を取っている?2手先・3手先に複数のイメージを持ってプレーしているか?





今出来ることを全力で、そしてさらに先に進める様に日々追求・探求です。
                                            HiSAMiCHiNHO
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 1

EUROと少年サッカー 

連日のEURO2012も残すところセミファイナルとファイナルの3試合のみ。


毎晩(毎朝)、不規則になりながらもほとんどの試合をチェックしているサッカーファミリーのみなさんにとっては少し寂しくなって来ている今日この頃です。



しかし、いよいよセミファイナル。4年に一度の欧州王者を決める決戦はいよいよ佳境に入ってきました!


[スペインvsポルトガル]、[ドイツvsイタリア]。


どちらも目の離せない本当に素晴らしいカードになりました。




大会前に、スペイン同様注目すると宣言したイタリアがここまで予想を大きく裏切る魅力的なフットボールで勝ちあがって来てくれたことが何よりうれしい私ですw

今朝のイングランド戦。PK戦でのブッフォンとピルロには「漢の中の漢」を見ました!

ぶっふぉん




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
EURO同様このブログからも情報を発信します!このブログを多くの方に読んで頂く為、上記バナーをポチッとワンクリック願います!




さて、今回の本題に入ります。



欧州王者を決めるEURO2012という舞台にも色んなサッカーが存在します。



それぞれのサッカー文化・歴史、選手達のカラー、監督始めチームスタッフのマネジメント、国民性などなどが混ざり合い、ピッチ上でのスタイルや戦い方が表現されているのだと思います。



例えば、今大会一番の驚きでもあるイタリア。


今季ユベントスで完全復活以上のハイパフォーマンスを見せ付けたピルロを中心にした中盤の構成力(ピルロ同様マルキージオやモントリーボ、ディアマンティにもご注目ください)。

初戦であるスペイン戦で世界中の驚きと熱狂を誘ったデ・ロッシを中心にすえた3バック(ここ2試合は4バックに戻しましたが個人的にはもう一度3バックにしてほしい)。

カッサーノ&バロテッリにディナターレやジョビンコといったハイタレントを揃えたFW陣。

まさに守護神という大活躍を見せるGKブッフォン。

そして監督のプランデッリの采配。


他にも色んな要因があると思いますが、明らかに数年前までのイタリアとは違った魅力的なスタイルでここまで勝ちあがって来ています。




自ら主導権を握り、ゲームを支配し、勝利を目指す。



「守備を固めて前線のハイタレントの個の輝きに全てを託すスタイル」から「全員がボールを大切にしながら一人一人の特長や個性を連動させて相手を崩すスタイル」へ変貌を遂げました。


そんなスタイルが、昨今のバルセロナやスペイン代表の活躍と相まって、世界中のサッカーファンの支持を得ているのではないでしょうか。



'10W杯に続き、今大会でもここまで危なげなく勝ち上がって来ているドイツにも同じことが言えるのではないでしょうか。

もちろん、こう言った流れの源であり、さすがのサッカーを見せているスペインも。



数年前までは、内容はともかく最後に勝つチームの代表格がドイツとイタリアと言われてましたからね。(事実、過去にイタリアは4回・ドイツは3回のW杯チャンピオンに輝いている)


そう言った意味では、数年前までは魅力的なサッカーの代名詞であったオランダとフランスの敗退は寂しいですが、試合を見れば上記の3チームとの間に大きなクオリティの差があるので仕方ありません。。。



そんな今大会を見ていると改めて魅力的なサッカーが人々を惹きつけるということを強く感じさせられます。



この数年で「勝てば官軍」と言われた時代から、「魅力的に勝つ」時代に大きくシフトしてきたと言えます。




そんな世界のトップレベルの変化を見て、将来を夢見る子ども達のサッカーに関わる私たちの様な人間は何をしなければならないのでしょうか。


世界のサッカーは大きく変わって来ています。そして今後も変わっていきます。



今自分が担当している12歳の子ども達が第一線で活躍するのは10年後~15年後くらいだとして。

今の世界のトップを見ることで、今子ども達に何をしてあげなければならないかを考えることではないでしょうか。
そして、10年後のサッカーで活躍できるベースを今作ってあげることではないでしょうか。



EUROと少年サッカー。



共通する点(環境やレベルは違えど、魅力的な選手・魅力的なサッカーには違いはない)と、相違点(あのレベルで活躍するために今重点的にやっていかなければならないことが育成年代にはあるということ)。


どちらも大切なことで、私たち育成に携わる人間はキチンと目を向け整理して子ども達に伝えていかなければならないと思います。


私自身も残り3試合、ガッツリ勉強したいと思います。



あの舞台やレベル(日本人はEUROには出れませんがw)で活躍できる選手を育成すること、あの舞台やレベルで活躍したいと本気で思う子ども達を指し導いて行く為に!!


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!ヒサミチもっと頑張れという励ましも込めてポチッとワンクリック願います!

ではまたー。

                                            HiSAMiCHiNHO

[edit]

trackback: -- | comment: 0

今の自分を知る 

最近自分が書いたノートを見直す機会が多くなりました。


ノートと言っても試合結果や練習メニューを書いたいわゆるサッカーノートではなく、色んな人との会話や本を読んだり、あるいはテレビやブログなんかで印象に残った言葉や文章を書き留めておいたメモの様なノートの方です。



サッカーに限らず、ピンと来たことはすぐそのノートにメモる様になって1年ちょっと。





その言葉や文章への解釈を自分なりの考えや自分なりの言葉で書いてみたりする中で色々な発見があったりするものです。




今の自分と当時の自分。


同じ自分でも時を経て変わったなぁ(良い意味であって欲しいですがw)と思うこともあったり、案外あの頃からこういうこと考えていたんだな、方向性は間違ってなかったんだなと思い少し安心することもあったり。

同じ事柄でも、理解度が深まっていたり。







最近話題のあの方の著書の中にこんな言葉がありました(ちなみにこの本も2年ぶりくらいに再読しました)。





「敵と戦うために自分を知ること。」(表現等違ってたらすみません。。)






自分は何ができて何ができないのか。

何がしたくて何がしたくないのか。

どうなりたいのか。



わかっていることとできることは違います。
わかった気でいても実はできないことも多いはずです。




今日の練習で、あるメニューを行いました。


ここ1年くらい一番重要視していたものですが、自分の中で一番苦労しているテーマでもありました。


そんなテーマでのトレーニング。

今まで考えた色んなことがスーッと一本に繋がる様な、ボンヤリしていてなかなか見えなかったものが少しハッキリ見えたような、そんな感じがしました。


一点集中するのではなく、広く浅く観る。


3、4年くらい前にわかった様な気になって指導していた(気になっていた)ことが、実はわかっていなかったことに気づきました。



色んな人に出会い、色んなことを聞き話し、色んな経験をしていく中で見えてくるもの。
わかってくるもの。
出来るようになってくるもの。


改めてそんな事を感じました。




今の自分を知ることで、目指すべきもの、今すべきことを今一度再確認できるはずです。





そんな時間を大切にしようと思った今日でした。






取り留めのない文章にお付き合い頂き、あざす!



れんしゅう
本日の練習時の写真。本文中のメニューではありませんのであしからず!

                                            HiSAMiCHiNHO

[edit]

trackback: -- | comment: 0

一石を投じる為の挑戦 

小学年代の日本一を決める大会である全日本少年サッカー大会(全日少)の天竜東地区予選の全日程が先週末で無事終了しました。
静岡県で400以上ある少年サッカーチームが各地区予選を行い6月の静岡県大会に出場できるのは16チーム。そして優勝したチームが静岡県代表として8月の全国大会に出場するというわけです。


小学生年代から全国大会を行うこと(昨年から8人制になったこともある)には色々な意見があるそうですが、サッカー少年にとっても指導者にとっては今後に繋がる経験ができる重要な機会であると私は思います。


そんな全日少の天竜東地区は今年は40何チームが一発勝負のトーナメント戦。決勝に進んだ上位2チームが県切符を獲得するというレギュレーション。



結果から言うと、私が担当している掛川JFC89は準決勝で1-2で敗れ、目標としていた2年連続の県切符まであと一歩届きませんでした。




詳しい試合レポはここでは書きませんが。



季節外れの集団インフルにやられながらも少ない人数で勝った2回戦も。
掛Jダービーとなった掛J01との3回戦も。
0-2から終了間際に追いつき延長で劇的な逆転勝利を収めた準々決勝も。
そして、攻守ともに主導権を握りながらも相手の勝負強さに屈した準決勝も。


すべてが選手達にとって今後の糧となり力となる経験になっていくのではないでしょうか。

彼らの試合後の悔し涙に暮れる姿を見てそんな風に思いました。











さて、話は少し変わって。


最近、指導者にとって選手育成とは駅伝(もしくはリレー)のようなものだと考えるようになりました。

第一走から順にアンカーまで襷を繋いで行き、ゴールを目指します。
(襷を選手、走者を指導者として例えた場合です。ゴールを何にするかは意見が分かれるとこですがw)
ジュニア→JY→ユースと年代ごと環境が変わって行く中で、夢や目標に向かって進んで行くということです。

第一走がぶっちぎりで一位で来たとしても必ずしも最後まで一位であるとは限りません。
(ジュニア年代でいい結果を収めたりエリートだった選手がそのままプロになるわけではない)

お正月の箱根駅伝の様に険しい山路や急なアクシデントやドラマはつきものです。
(多くの挫折を乗り越えて選手達は強く逞しくなって行きます)

また、リレーだとしたらバトンパスが重要になってくることは言うまでもありません。バトンパスの妙技で単純な走力差を補うことも出来るはずです。

これを育成に例えるならば、ジュニア年代→JY年代 or JY年代→ユース年代での指導者間のバトンタッチ、あるいはチームメートやライバルとの出会いという環境の変化なんかになってくるでしょうか。
仲間や指導者の影響を受けて、能力の差をひたむきな努力でカバーし、武器を磨き、選手として成長して行くといったところでしょうか。



話がややこしくなってきてすみません。。。


要は「目指すゴールに対して今現在何をどうしていくのか」ということです。

その選手の目指すゴールから逆算した時に、高校年代では、JY年代では、そしてジュニア年代の8人制では何をしなければならないのかということです。


十人十色という様に指導者の数だけ考え方や方法論があると思います。

ただ、子どもたちの夢に対して、夢を追いかけるサポートをする為に何をしなければならないのかということを自分含め育成年代に携わる指導者がもっともっと考えていかなければならないと思います。


いつかW杯のファイナルに日本代表が立っていることを本気で考えるならば、ブラジル代表やスペイン代表に勝つ為に今を戦っていかなければなりません。

子どもたちが本気でセカイで戦うことを夢見ているならば、バルセロナやRマドリーで活躍できる選手にならなければなりません。


何を若造が偉そうにという方もいるでしょう。



でも本気でやらなければいつまでも夢物語のまま。
春休みに行かせていただいたスペインでみたAマドリーのU-16の選手達とこの地区の選手達との間にある差。

本気になって変えていかなければ到底埋められない。いつまで経っても善戦で終わってしまうであろう差。



自分自身は視野を広げ、基準を高く持ち、子ども達の志を伸ばしてあげる指導を目指してやっていかなければと思います。


秋から始まる静岡県のジュニア年代最大規模の大会であるNTTカップでうちのサッカーを観た人が何かを感じてくれる様に、今週からまた子ども達と一緒に日々頑張って行こうと思います。

全ては一石を投じる為の挑戦です。





HiSAMiCHiNHO






[edit]

trackback: -- | comment: 0

藤枝のバティストゥータ 

先週末から全日本少年サッカー大会(全日少)の天竜東地区予選が始まりました。

今年度から私が担当している掛川JFC89は、季節外れのインフルエンザでメンバー4名を欠きながらも代わりに出たメンバーの活躍もあり今週の3回戦に駒を進めました。


8人制の一発トーナメントと大会の形式が変わって2年目となる今年。
私自身にも色々な変化があった中での試合ですが、魅力ある選手、次のステージに繋がるサッカー、先を見据えた指導をブレずに追求して行きたいと思います。


詳しいことも書きたいのですが、今回のテーマはそこではないので今週末の試合と併せて次回あたりアップしたいと思います。






さて。話変わって、今日の本題です。


私の友人のブログ及び彼の職場であり日頃大変お世話になってるスポーツ屋さんのホームページの紹介です。



山本 剛。



私と同い年の静岡県のフットボーラーで知らない人はいないであろう有名な男です。

同い年には、成岡翔(アビスパ福岡)、岡田隆(アビスパ福岡)、大井健太郎(アルビレックス新潟)。一つ上には、今やザックJAPANの主将でもある長谷部誠(ヴォルフスブルグ)。それ以外にもまさに黄金世代と言える錚々たるメンバーを揃えた藤枝東高でエースストライカーだった男、通称:藤枝のバティストゥータです!

ちなみに大学時代には今をときめく長友佑都(インテル)と共にプレーしています。

私自身も今でも覚えている高校3年時の選手権静岡県大会決勝、静岡学園vs藤枝東。
大学受験と重なりこの男が欠場した藤枝東は逆転負け。私もスタンドから観たその試合のことは今でも覚えています。







昨年、共通の友人から「絶対お互いのプラスになるから!」と紹介を受け、現在では本当に色んな刺激を受けています。

彼の発想、行動力、そして人を惹きつけるキャラクターは本当に見習うことが多く、改めて【行動する】ということの大切さを感じさせてくれます。


自分はサッカー指導者であり彼はスポーツショップ経営者。
立場は違えど、同じスポーツ(サッカー)に関わる同業者でもありライバルでもあると思います。


今後もライバルであり友人として、ガチでお互いの夢に向かって進んで行きたいと思います。






ということで、彼のブログと清水屋スポーツさんのホームページをリンクしておくのでみなさん見てくださーい!

山本剛Blog 「スポーツ業界の異端児がガチで語る」

清水屋スポーツ ホームページ


男じゃあまい!漢になれ!!
HiSAMiCHiNHO


[edit]

trackback: -- | comment: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。