04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

最も大切にしていること 

前回の更新から一ヶ月が経ってしまい久しぶりの更新となります。。。


さて、タイトルにもある通り、私が一番大切にしていること。



それは、【みんながうまくなる】ことです。


【うまくなる】ということは曖昧であり抽象的であり狭くも広くもある表現になってしまうのですが、ここでいう【うまくなる】はあくまでも私の感覚の中での【うまくなる】ということです。

この辺の話になるとまた長くなってしまうので、また機会があればw





私が今指導しているチームは、一学年で30~40弱の子ども達がいる大所帯です。


子どもが30人以上も集まれば色々な子(個)がいるわけでw




その中で一人一人違った子ども達をどれだけ伸ばせてあげることができるのか、この先のカテゴリーに繋がる貯金をたくさん持たせてあげられるか。その為にどんな環境を与えてあげられるのかということが自分の中での最大のテーマです。




今年度から始まった天竜東地区U-12育成リーグ。

このリーグ戦にうちは、全日少や今行っているNTTカップ等の公式戦で出場機会の少ない選手や登録メンバーに入れなかった選手達で参戦しています。


前期と後期でそれぞれ8試合ずつの計16試合行うリーグ戦は、自らの意志と努力の積み重ねがあれば、一人一人が主役になれる場。


選手達は意欲を持って月に1度のリーグ戦に日々の成果を出そうと取り組んでいます。




前期は2分6敗。局面では少しずつ成長を見せてくれましたが、相手のパワーとスピードに圧倒され悔し涙を見せる試合もありました。


それが、9月から始まった後期はここまでの6試合で4勝1分1敗。前期に負けた相手に5-1で大勝した試合もあります。


決して試合の結果だけでは語れない部分もありますが、間違いなく日々大きく成長している選手達の姿がそこにはあります。



相手チームの主力選手相手にうちの選手達が工夫してボールを扱い、局面を打開していく姿を1試合に何度も見ることができます。




ジュニア特有のほんの少しの成長スピードの差やほんの少しの体格差で今はAとBに分かれているだけなのです。




子ども達が試合中に見せる真剣かつ自信に満ち溢れた表情と試合後に見せる嬉しそうな表情を見て、改めてこの半年の成果を実感すると共に子ども達の成長に驚かされる日々です。



みんな、【うまくなれる】のです。


そういう意味ではうちほどこのリーグ戦に重きを置いているチームはいないと思います。

まだまだ課題は多く、主力メンバーとは差があるのも事実かもしれません。

でも、彼らがAメンバー同様のこれぞ89というサッカーを表現してくれていること、一人一人が普段の練習に早くから来て自主練習をするほどの意識になったことが本当に嬉しいのです。




来月のリーグ戦、さらにうまくなった彼らの姿がみれると思うと今から本当に楽しみです。








上にも書いた様に、ジュニア年代はほんの少しの成長スピードや体格差が大きくモノを言う年代です。



今勝つことだけを追求したら、能力が高い選手が数名いればいくらでも大雑把にやって勝つことが出来る年代でもあります。


しかし、ここから長く続く(続いてほしい)サッカー人生の大きな大きなベースを作る大切な大切な年代です。


今行っているNTTカップ。静岡県の小学校年代の集大成の大会です。


でも、正直これでいいのかと思ってしまう場面も多々見受けられます。

他チームの関係者と会えば、必ずチーム状態は?と聞かれることに疑問を感じることもあります。

大事なのはそこじゃないだろと。。。



人のことを偉そうに言えるレベルでも立場でもないのは百も承知ですがww





同時期に行われている高校選手権とは違うのです。

その年代の集大成の大会という意味では同じでも、その意味合いは違うのです。


選手権で負けたら今まで長い時間をかけて取り組んできた競技としてのサッカーから次の人生へ向けてのスタートを切る選手とさらに高みを目指し先のカテゴリーでサッカーを続ける選手に分かれる高校年代と、負けても勝ってもここから夢に向かって走り出す小学年代は違うのです。


だからこそ、今、何を、どの様に、取り組んで行かなければならないのか。


このブログでも度々書いていますが、3年前から違った価値観に気づかさせてくれる出会いがあり、その方々からたくさんのエネルギーを頂き、毎回感性を磨かさせてもらっています。


今、目の前にいる子ども達一人一人に自分は何ができるのか。

将来に繋がる何かを持たせてあげられるのか、志を伸ばせてあげられるのか、その為にどんな環境を与えてあげられるのか。

普段の練習や生活が勝負であり全てなのです。決して公式戦の場だけが勝負ではないのです。



今週末にはうちもNTTカップの二次リーグがあります。

力を入れすぎることなく、子ども達が日々の成果を発揮してくれると思います。




自分自身も最も大切にしていることに妥協せず、進んでいこうと思います。
ではでは~!

                                          HiSAMiCHiNHO







スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 心揺さぶる試合を目指す  |  本気の基準 »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。