10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

基準を自分の中に 

先週末、ソーニョスタッフでU-18プレミアリーグ【JFAアカデミーvs東京ヴェルディY、静岡学園vs流経大柏】の試合を観戦に時の栖まで行って来ました。



以前からですが、なるべく機会を作ってU-18年代のゲームを観に行くようにしています。

そこから得られるものや気づくこと、そして考えさせられるは本当に多く、それは今指導させてもらってるカテゴリーだけ見ていたらなかなか見えてこないことが多いと考えているからです。

高い基準に触れることで自分自身の感性を磨き、自分自身の中に高い基準を設定するという作業です。


まぁ単純に私自身が色んなチームの試合や指導を見学することが好きというのもありますがww



今回のお目当ては流経大柏。言わずと知れた現代高校サッカーの横綱的存在です。

今年は下級生の頃から注目されていた代で、現に今年のプレミアリーグでもJユースや強豪高校相手に大勝しているということで一度観てみたいと思っていたチームでした。


詳しい試合分析やレポートは苦手なので下記サイトをみてくださいw。

[プレミアリーグEAST]青木スーパーゴール!静学との激戦制した首位・流経大柏、復調へ「大きな1勝」 | ゲキサカ[講談社]


流経大柏の選手達、一人一人のベースが本当に高い。

止める・蹴る・運ぶと言った部分はもちろん、ボールを持った時のアイデアや落ち着き、そしてほんのちょっとの遊び心(コレがめっちゃ大事!!)をいかんなく発揮しシズガク相手に押し切りました。

暁秀高校にお世話になってた大学時代、流経大柏のグラウンドがまだ土だった頃から何度も流経大柏の試合を観ていますが、今回はかなり衝撃を受けました。

今まで培ってきた圧倒的な能力だけでなく、まだまだここから伸びる可能性を持った選手達だと思います。



2点目のシーン、11番の選手がシュートを打つと会場にいる誰もが思ったんじゃないかな。

この11番の選手。聞けばレギュラー2トップが不在でチャンスを与えられた選手だそうです。

競争が激しい超名門チームにあって抜擢された試合でゴールを決めるということがどれだけ大きなアピールになるかは誰もが想像つくと思います。
その絶好の機会で、落ち着いて相手の逆を取れる。これはきっと彼の本当の力なのだと思います。

そして16番。完全に一人だけ次元が違う、そんな落ち着きでした。それを日本の高校サッカーで最高峰と言われるリーグ戦で違いを見せられるレベル。こいつは次に何するんだろう?と観ている人達を惹き込める魅力ある選手でした。


そして対する静岡学園。

敗れはしましたが、途中出場含む6名がこのリーグ戦に初出場だったそうです。
日本最高峰のリーグ戦に固定した10数名だけで戦うのではなく、初出場含む20〜30番台の選手がどんどん出て来れる日々の競争の環境。それを可能にする指導者の熱意。それこそがシズガクなんだと改めて感じることが出来ました。


本当に観に行って良かった、そんなゲームでした。


あのレベルの基準、そしてそれを超える基準というものを私達指導者は自分の中にしっかり持って、それを目の前の子ども達に対する指導に生かしていかなければと改めて考えさせられました。


U18プレミア


最後に、お世話になってる方の文章を引用させて頂きます。一部編集


そのような選手になる為には、選手自身がボールを持ちながら考える時間が必要となる。
そして何よりも「ちらっと見る」「ちょっと顔を上げる」 のではなく、「広角の情報をなめるように見る」。そのためには、ボールをチラチラ見ている場合じゃない。

ドリブルドリブルと訳の分からん輩に 言われることも多いが、ボールを持ちながらいろいろな事を考える時間を用意しているのだ。

高校になったら世界を見据えてやってくれんのか?選手の将来を考えて、失敗を許容してくれるのか(笑)?

「いつやるの?」「今でしょ!」もう古いか。
U-13リーグ戦!U-14リーグ戦!U-15リーグ戦!。勝った負けた。どこが優勝だ?そんなのどうでも良いでしょ。
そんなことばかり外野の親がネットを通して言ってたら、いつまで経っても現場は世界を目標にしない。
J下部から、世界を目指す選手が出るとして も、街クラブからは排出できない。リーグ戦の結果で一喜一憂するのではなく、◯◯県に将来楽しみな選手がどれだけ育ってきているのか。そのような目で観なければ、◯◯県のサッカーの進化はない。
自分の息子がリーグ戦に出て、勝った負けたを言ってる場合じゃない。
常に!常に!常に!ボールを見ないで情報を取りながらプレーしているか?この年代、全力ではなく遊びながらプレーできるのか?ボールを持ちな がら30m先のセンターバックと駆け引きしているか?左右の足を駆使できるのか?1対2でも慌てないでプレーできるのか?キックの種類がどれ だけある?観ている人が騙されるような選択やプレーが習慣的にあるのか?ボールが無い時にどれだけ相手やスペース、味方の動きの情報を取っている?2手先・3手先に複数のイメージを持ってプレーしているか?





今出来ることを全力で、そしてさらに先に進める様に日々追求・探求です。
                                            HiSAMiCHiNHO
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 1

« 活動説明会を行いました!  |  1日を積み重ねる »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/07/16 21:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。