10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

見通す、見据える 

9月から静岡県の小学生年代最後の公式戦であり、集大成というべきNTTカップの地区予選が各地区で始まりました。
天竜東地区も1日の開会式から各会場で熱戦が繰り広げられています。


私自身、選手としても指導者としてもたくさんの経験と成長をさせてもらった思い出ある大会です。
☆昨年のNTTカップの個人的総括はこちら☆





そんなNTTカップ天竜東地区予選を先々週の1日と本日観戦して来ました。


ソーニョのスクールに来てくれている子達のチームを中心に数試合観させてもらいました。



実際にベンチに入って指揮を執っていた今までと違い、一歩離れたところから観るNTTカップ。
今までと違った視点で観ることで、今までとは違った気づきや発見があり、指導者として良い勉強をさせてもらいました。
また、久しぶりに会う関係者の方々とも話が出来、有意義な時間を過ごさせて頂きました。




さて、前置きが長くなりましたが本題に入りますw



ソーニョのスクールに来てくれている子達が自分のチームに戻った時にどんなプレーをしているか。

何をどれだけ観て感じて考えているのか。どれだけ余裕があってどんな発想でプレーしているのか。etc..

当たり前のことかもしれませんが、試合の結果や内容というよりも一人一人のこんなことを観る為に試合を観に行っています。



子ども達一人一人がそれぞれ大切にしていること。各チームの指導者の方が大切にしていること。そして私達が大切にしていること。

そういうものが入り交じって今の子ども達の姿があると思っています。

ソーニョのスクールに来ている時間だけでは見えてこないもの。

ここにたくさんのヒントが隠されているのだと思います。



以前、セゾンの岩谷さんに「今、目に見えるものしか見ないのは指導者ではない」という話をして頂いたことがあります。


今の姿だけを見て自分のこれまでの基準から「あれがいい」「これができない」「あの子はいい選手だ」等と評価してしまいがちですが。。

過去や未来・・・その子の今の姿だけ見ていたら見えてこないものが本当は大切なんです。

そういったものまで見通すことができる。そしてそこからその子の将来を見据えることができるのが本当の指導者だと教えて頂きました。



このブログでも何回か書いていますが、指導者というのは《指し導く者》と書きますからね!


その子の姿をパッと見たらその子がこれまで歩んで来た道のりや受けて来た指導や環境、つまりバックグラウンドが見通せてしまう。
そして、その子の将来を見据えた上で今何が大切なのかを指し導く。

大切なことを大切なタイミングで伝えてあげることのできる指導者を目指しています。



とはいえ、そんなレベルには程遠い私の現状。。

まだまだ見通す・見据えるなんてレベルではない私は実際に現場に足を運び、実際の姿を見て学ぶことで少しでもその精度を上げていかなくてはなりません。



関わらせてもらっている子ども達と一緒に成長して行く為に。





彼らの躍動している姿を見て、やっぱ少年サッカーも捨てたもんじゃないなと思いましたww
今後も時間を作ってなるべく多くのチームの試合を観に行こうと思います!
ではでは〜!
                                            HiSAMiCHiNHO
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« FUJ FESTA U-12 in KASIMA  使命  |  サッカーを地域に根付く文化にしていくということ »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。