10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

文化を形成していく為の大切なポイント 

こんばんは。今回は少しサッカーと離れた話ですw



昨日までの週末、掛川市と近隣の多くの地域で祭典(掛川祭り)が行われました。


静岡県西部地域の方なら馴染みのある祭典ですが、何それ?という全国各地の方々にも簡単に説明を。

掛川祭りとは?

多くの人達同様私にとっても、育った地区で屋台を引き廻すこの祭典が「祭り」です。
ちなみに私の住んでる地域は掛川市でも端っこの方なので必ずしも上記のウィキペディアと合致する部分ばかりではありませんのであしからずw



そんなお祭りですが、昨年から実家に帰って来たこともあり、地区の祭り青年会に入り、事前の準備から当日の運営・進行、片付けまで携わることになりました。

8月の後半から週に3度、10月に入ってからはほぼ毎日、仕事が終わってから深夜まで当日に向けての準備や練習を行います。
正直しんどい日もありますw お酒もいっぱい飲みましたw

ただ、やっぱりこの地域に代々伝わる伝統行事・伝統文化というものを至る所で感じさせてもらうことができ、今の自分にとって本当にたくさん収穫を頂いた時間でした。


年代も仕事も家庭環境も違う人達が一つの物事に向かって力を合わせる。
地域で受け継がれて来たものを次世代に受け継いで行くということ。

老若男女という言葉がありますが、これほど幅広い年代の人達が参加する行事を他には知りません。


ソーニョでもコンセプトの中に「サッカーを掛川地域の文化にしていく」とありますが、文化というものの素晴らしさ、偉大さを幼い頃からずっと参加してきた地域のお祭りの中にみることが出来ました。


そして、文化を形成して行くのに欠かせないポイント。



それはやはり、【楽しさ】なのではないでしょうか。



楽しいと思えるからこそ、大変であってもまたやろうと思える。
楽しいと思えるからこそ、子どもから大人まであれだけ多くの人を惹き付ける。


大人になった今、なかなか会うことはないけど、会えばすぐに子どもの頃に戻れる友人達と一同に会えるのもこの日。
この日、この場があることで、本当に多くの人と会うことが出来、また新たな出会いもあります。

そんな楽しさ、惹き付ける魅力があるからこそ、これだけ長い時間を掛けて続いている地域一番の文化なのではないでしょうか。

そんなことを2日間のお祭りの期間、考えました。




自分の生業であるサッカーをこの地域の文化として根付かせて行くこと。
この地域から魅力あるサッカー・魅力ある選手育成・魅力ある地域コミュニティを発信していく。


自分の、そしてソーニョの目的であり使命であると思っています。




話をサッカーに移すと、正直本当にそれで良いのかと思うことも多くあります。
それが今だけでなく、後世にまで引き継いで行ける文化をつくって行くのに繋がるのかと。


過去の自分の指導を振り返ってみると本当にショボかったと思うことばかりです。


そう気づかせてくれた衝撃の出会いがあり、そこから繋がった全国各地の多くの信念を持った素晴らしい方々との出会いがあって、今のソーニョがあり、今の自分があります。


ここから進んで行く為に何を大切にしていかなければならないのか。

サッカーから離れた4日間で、今後の繋がる大きなヒントをもらえた様な気がします!




来年から始める大きな挑戦も少しずつ色んなことが動き始めて来ました。
近いうちにこの場でも発表できればと思います。


ではでは〜。
                                          HiSAMiCHiNHO




スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 「誰でも」「将来にむけて」取り組める場を目指して  |  何をみなければならないのか »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。