10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ペースを上げるということ 

先週末U14中日旗大会の準決勝、決勝、3位決定戦が行われた。

掛川JFCの最終結果は4位という結果だった。



ちなみにこの中日旗大会、天竜東地区(御前崎市・菊川市・掛川市・袋井市・磐田市・森町かな)の中体連とクラブチームが参加する大会でけっこう長く続いている大会です。自分が中学生のときにも出場した記憶があるんで。

個人的には、普段なかなか同じ大会で試合をすることがない中体連チームとクラブチームがお互いから刺激を受けることの出来る非常に素晴らしい大会だと思っています。
今後もお互いが刺激しあってこの天竜東地区のサッカーのレベルの向上と普及に努めていければと思います。






話は戻ってそんな中日旗大会、掛川JFCは準決勝でジュビロ磐田JYに1-3、3位決定戦でヤマハジュビロ掛川に2-3という結果。
ちなみに今大会のベスト4は、ジュビロ磐田JY、ヤマハジュビロ磐田、ヤマハジュビロ掛川、掛川JFC。



そんな中、うちのU14選手たちはこの大会を通じ、何を感じ、何を学び、これからにどう生かしていくのか。

この日の2試合は、ハカマダ氏と共に歩んできた彼らのこの一年の成長と今後への課題が見れた有意義な日だったと思います。




大切なのは今であり、今の積み重ねである未来である。

試合後、私から選手たちへ、「過去を振り返ることも大切だが、今はそれよりももっと先を見て欲しい」と伝えました。



ベスト4に残ったうち以外の3チームは、マラソンで例えるなら掛Jの選手たちよりも前を走っている選手たち。


自分の目標というゴール(人それぞれ違うと思いますが。たとえば海外でプレーする、日本代表になる、Jリーガーになる等なのかな。)にたどり着くにはそんな選手たちを抜かなければならない。

前を走ってる選手たちよりもどっかで今よりもっと頑張らなければならないと言うこと。

それも一瞬スピードを上げただけでは疲れてしまって結局息切れしてしまう。



つまり、【スピード】を一瞬上げるのではなく、走る【ペース】を彼らよりも(もちろん今までの自分たちよりも)上げなければならないということ。


では、何がその【ペース】になってくるのか。

練習量であったり、練習の質であったり、練習以外のところでもサッカーへ対する意識だったり、そしてもちろん学校生活や私生活始めサッカー以外の生活、つまり《日常すべて》がマラソンの【ペース】になってくるということ。


きっとプロになったり、強豪大学や強豪高校で活躍できる選手はこの【ペース】が速いということなんだろう。
※サッカーのプレースピードの話ではありませんので。



あと一ヶ月で彼らの掛Jサッカー最後の一年が始まる。
                                       Hisamichinho
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 久しぶりに・・・・  |  ありがとう »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。