06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

3年生を送る会 

3月20日(日)の掛Jフェスティバル、そして夜の中学3年生を送る会を持って今年度の掛川JFCの全ての活動が終了。
明日23日(水)からは各カテゴリー1つずつ学年が上がっての活動となる。


まず、この日を迎えられたことに本当に感謝をしなければならないし、だからこそ、選手達も私達スタッフも今できることに全力で取り組み続けなければいけないと改めて感じました。





今年の3年生は、私が始めて監督として関わらせてもらった年代であり、個人的にも一人一人に本当にたくさんの思い出がある年代である。
今やこの会の余興でもやるようになったカンピオーネをやった初めての代でもある。

NTTカップでの悔し泣き、そして最後のバディ戦でのロスタイム決勝ゴールなどなど、今でもハッキリと覚えている、


選手達同様、私も、あの頃があって今がある。
今振り返ると、ああしとけば良かったという後悔ややり残したことばかり浮かんでくるが(笑)




そんな私なので、今回の会は選手入場の映像からすでにグッと来るものがあったし、小学校時代からのスライドショー、そして一人一人のスピーチと熱いものがこみ上げてきた。

8番タカキの「本当にサッカーが好きで、ただその気持ちだけでここまで来ちゃいました。」という言葉。

24番シンの「小学校が終わる時にサッカーから離れようとした自分を久道コーチがサッカーに戻してくれ、高校でもサッカー頑張ります」という言葉。

それ以外にも一人一人から親や仲間への感謝、後輩へのメッセージ、そして今後への決意表明。

本当に感動した。

その言葉を聞いただけで、自分達ももっともっと頑張らなければという大きなエネルギーになる。


そして、昨年に続き、今年も本気でプロを目指す、全国を目指すという志を持つ選手が出てきたこと。
サッカー指導者として本当に嬉しいことだし、励みになることである。

__ 1

__ 2



毎年スタッフから卒団生へ送る記念品のサインボールには、『志』という文字を書いた。
物を測るのは物差し(モノサシ)だが、心をはかるのは志(ココロザシ)という言葉がある。

志を高く持ち、それに突き進んで行くことを、お互い忘れないで頑張ろうという私からのメッセージ。
ここからは、選手とコーチという関係だけではなく、ライバルでもある。



1年~3年、そしてスタッフ達も入り、全員で歌ったカンピオーネを胸に、みんな志はでっかく、欲張りに挑戦して行こうぜぃ!!





__ 3



『旅について』  Caravan

生まれて初めての旅は あの長い坂道の向こう
隣の町で見た夕焼け それはまるで世界の果て
その時に僕の時計は 時を刻み始めたんだ
夕闇が街を染めても 家には帰らなかったんだ

体が大きくなるにつれ 見えなくなるモノが多くて
いくら背伸びしたところで それは見つからなかった
変わり続けてくという事 変わらないでいるという事
そのどちらも出来ない僕は 旅に出る理由を探してた

悲しみに満ちた笑顔や 喜びに溢れる涙
ありがとうとさようならという二つの言葉だけを信じた
In the sun 旅に出よう 今
In the sun 出来るだけ遠く 旅をしよう

叶わない夢がある事 届かな思いがある事
誰かと比べてしまう事 誰かを傷つけた事

In the sun 旅に出よう 今
In the sun 出来るだけ遠く 旅をしよう

いつか僕の旅が終わり 時計が刻むのを止める時
ありがとうとさようならを 素直に言える様に
僕は旅をしよう 旅を続けよう












24名の3年生、卒業&卒団おめでとう!これからもヨロシク!!

さぁ明日から新しい挑戦!来年のこの日を笑顔で迎えられるように。
今に全力!がんばろう!

                                          Hisamichinho




スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« チカラをひとつに!  |  We Love Japan! We are Japanese!! »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。