10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

今、大切なこと 

先週の土曜日の9日、今年から始まるU-15静岡県リーグの初戦だったのですが、雨天順延となった為、エコパ補助競技場へU-15東海リーグを掛Jスタッフ陣で観に行ってきました。


U-15年代の東海地区のトップレベルの試合。
指導者として色々なことを考えさせられる試合でした。

このまま行けば間違いなくプロになれるであろう才能を持った選手。
東海レベルであっても個の力でゲームを決めてしまえる選手。



ウサギとカメの話で言ったら間違いなく現時点ではスーパーなウサギ君でしょう。
そんなスーパーな能力もったエリートなウサギ君を相手にうちのカメさん選手達が本気で追いつき追い越したかったら今何をしなければならないのか。

ウサギとカメでは最後油断したウサギが眠っている間に、コツコツ走ってきたカメが追い越して勝つという結末でしたが、現実のウサギ達は眠らないかもしれません。

もしウサギが眠らなくてもカメが勝つ為には、やはりウサギとカメの話以上の頑張りが求められるわけです。




よくわからない話になってしまいましたが。。。。。。。

何を言いたいのかと言うと、、、




「うちの選手達にその気があるのか!?」ってことです。




10日の日曜日に行われたU14のトレーニングマッチ。残念ながらスタートで出た選手達からそれを感じることはできませんでした。


確かに上手くなっているし、ボールも支配できている。やりたいことはできていたかもしれない。

でも、それだけ。ただの自己満レベル。一番大切なことを表現できていない。

ただ、こんな時こそチャンスと捉えて意欲的にプレーし、成長を見せてくれた選手も多数いたことは大きな収穫でした。








戦うのは目の前の相手だけじゃないはず。

過去の自分、未来の自分、そしてこのまま行ったらプロという才能を持った選手達ではないのか。






毎月書いている目標設定用紙には、当たり前の様にプロ、J、海外などの文字が並ぶ。
でも、本気でそこに向かってますか。本気の毎日を過ごしていますか。


Jチームを相手に策を講じて、チームとして何とか試合に持っていく。
ではなく、
Jエリート達とうちの選手達の個の戦闘能力の戦いが出来るようにしたい。

今はまだまだそんなレベルには程遠いが。

でも、それができなければ、書かれた目標は全て叶わぬ目標になってしまう。









先日、小学3年生のトレーニングで、うまくなりたい人?と聞いたら全員が手を上げた。

そこでミニゲームの前に、うまくなりたい人のプレーをしよう!と言ったら全員がその姿勢を見せてくれた。
注:うまい人のプレーではありません。うまくなりたい人のプレーです!そこがミソ!

これについてはまたの機会に書くとして。。




つまり小学生だって上手くなりたかったら、上手くなりたいと言う気持ちをプレーで表現できるんです。

U-15の選手達は残り1年を切った、U-14の選手は残り2年を切った。
掛Jで過ごす期間の話です。

今、大切なことは目標をもつことだけではなく、そこへ向かって全力の日常を過ごすこと。
つまり、結果ではなく、そこへのプロセス(過程)であり、プロセスに全力で取り組む意識であるということ。

そしてそれをこのU-15年代で習慣とし、掛Jを卒業した後の、ホンモノの挑戦へ繋げていくこと。

本気の毎日、やるしかないでしょう!!




桜と掛川城
本文とは関係ないけど、掛川城と桜。
                                         Hisamichinho
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 3

« うれしい出来事  |  New Season!! »

コメント

No title

 初めてコメントします。
 中々お会いすることが出来ないので話す事も出来無いので、突然ですが質問です。
 自分たちのクラブでは小学6年までしか指導していません。
 その為、その後は色々なチームに新たに所属する訳ですが、その時に所属したチームの指導者より「こんな事も知らないのか?」という事を言われた子がいたことがありました。
 では、ジュニア年代ではどこまで教えれば、ジュニアユースに上がった時に、選手が困らずに指導を受けられると思いますか?
 また、逆にどのくらいまで指導しておいて欲しいと思いますか?
 前から気になっていたので質問しました!
 
 
 

掛川の南の問題児 #- | URL | 2011/04/14 19:58 * edit *

Re: No title

>> 掛川の南の問題児 さん

コメントありがとうございました!

そして春休み期間は優秀な教え子君に手伝って頂きましてありがとうございます!


コメントの件ですが、正直自分的にはまだこれと言った答えがわからないのが正直なところです。
これだけやっておけば大丈夫という事でもなければ、これが出来なければ絶対ダメという事もないかもしれません(もちろん最低限のレベルはありますが)。

個人的には、武器となる技術、センス、個人戦術、そして何よりサッカーに対して貪欲な姿勢やもっともっとうまくなりたいという純粋な気持ち辺りかと思いますが、言葉だけでは人によって捉え方も違う場合もあるのでうまく書けません。。。


ただ、先日の全日少予選を見る限り、「今勝てれば良い」というチームがまだ多いのが現状です。
小6の子ども達の3年後、6年後を見て、今やらなければいけないことにこだわっているチームは少ないのかなと思います。
U12までは8人制、U13から11人制となっていく今後はその傾向がさらに強まる懸念もあるかと感じました。

自分ももっともっと勉強して日々進化していかなくてはと思います。


ということで今度色々お話できればと思います!
僕も掛川の南の問題児さんの指導には興味があるんで(笑)

今後ともヨロシクです!

ヒサミチーニョ #- | URL | 2011/04/14 22:43 * edit *

No title

 返事ありがとうございます。
 
 自分的にはかなり戦術って部分は大切だと思っています。
 個人戦術、グループ戦術は分かる・出来るようにしておきたいとは思って指導しているつもりです。
 個人の技術が低くても良いとは思っていませんが、それだけではダメではないかとも思います。
 
 全日少に限らず「勝てば良し」とする空気感はどの大会でも感じています。
 後は「褒めれば良し」というのも有りますよ!
 そんなのOKか?と思うようなプイイでも褒めている場合も有ります。
 そんなの見ていると逆に自分がおかしいのかと思えてきますが、「結果が全て」という事はジュニア年代では通用しないと思うし、「褒めてればOK」も違うと思うこの頃です。
 
 また話できたらと思います。

掛川の南の問題児 #- | URL | 2011/04/15 00:15 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。