06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

全国高校女子サッカー選手権 

現在磐田市にて第20回全国高校女子サッカー選手権が行われている。


先日のなでしこJAPANのW杯制覇もあり、かつてない盛り上がりと注目を集めている日本女子フットボールシーンであるが、数年前から磐田市では【女子サッカーの聖地】を目指しこの女子版センシュケンを開催してるのである。

そんなこともあり、ここ3年は毎年私も時間がある限りこの大会を観に行くことにしている。

普段あまり関わることのないカテゴリーから学ぶべきものは数多くある。




そんな感じで今年も昨日26日にゆめりあへ行って来ました。

観戦したカードは以下の通り。



第20回全国高校女子サッカー選手権 準々決勝
十文字 3-1 藤枝順心
大阪桐蔭 3(延長)2 神村学園
常盤木学園 8-2 鳳凰
修徳 1(延長)0 晴海総合 ※結果のみで観戦してません





全体としては詳しいことは書きませんが、現在の高校年代の日本の女子サッカーの立ち位置・成果・課題、そしてここからどう進んで行くのかが何となくわかった様な気がしました。
一緒に観戦させて頂いた某Jチームの育成センター長さん(最寄ではありません)とフットボール談義も勉強になりました。




それにしても圧巻だったのは女王・常盤木である。

昨年も一昨年もこの大会で観ているが今年のチームは過去3年間で最も強烈な印象である。
一人一人の高い個の能力、そしてそれだけでなくそれを高いレベルで連動させたチーム力。
交代で出て来る選手達も一癖も二癖もある個性派ばかり。タイプは違えどレベルは変わらない。相手からしたらさぞ厄介に違いない。

そして何より私が感じたのは、チームの雰囲気であり流れる空気。
アップから選手達の主体性が感じられる、監督さんもオーラは凄いが選手達より前に出てこない。
他チームはこれぞ全国大会と言わんばかりにベンチに多くのスタッフを座らせていたが、常盤木は監督さん一人だけ?だった気が。
この辺に女王の強さを感じました。それくらい魅力的な彼女達のフットボール。



まさに女王・常盤木は、王者・山王(スラムダンク参照)ばりの強さであった。

聞けば本日の準決勝も9-0の圧勝だったとか!

チームとしてはもちろん、彼女達一人一人の将来が楽しみです。



__ 3








さて、話変わって今週末。


常盤木学園と良く似たカラーリングの湖国の青と緑こと滋賀のセゾンFCが静岡に遠征して来る。
元祖Sexy Footballを迎え撃つ静岡勢は、静岡学園中・浜松開誠館中・ジュビロ浜松・掛川JFC。

うち以外は強豪や名門が揃った。笑


いやぁ楽しみです!!


が、その前に明日明後日と一年で一番大変な2日間、総勢50名オーバーの小学1・2年生御殿場合宿に行ってまいります。。。

ではまた!
Hisamichinho

スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 少年よ大志を抱け  |  JAPAN-STYLE »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。