10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

少年よ大志を抱け 

先週末日曜日のセゾンFCとのU-14トレーニングマッチ。

私自身、指導者を志した大学時代に偶然読んだ岩谷氏(セゾンFC創設者であり、野洲高校ヘッドコーチとしてSexyfootballと言われる独自のスタイルを築き上げてきた湖国の天才軍師)のコラムから大きな影響を受け、常に目標として追いかけ続けているチームの一つであるセゾンFC。



そんなセゾンFCとの二回目の対戦(初対戦は1年前の8月末に滋賀にて)は、奇しくもセゾンOBでありドイツブンデスリーガに旅立つ乾貴士選手の日本でのラストゲームの日と重なった。





1年前の対戦では、先制点こそ取ったものの試合の大半を自陣に押し込まれ大量失点にて敗北と言うものだった。



そこから1年を経てどう変わったのか。



磨いてきた武器は通用するのか。そしてその武器に自信を持ち闘うことができるのか。

そんな話をして選手達を送り出しました。








結果から言うと、30分×4本、35分×2本の合計で7-8。

特にお互いのAメンバーで闘った1、2本目(1-1)は上々の内容だった様に思う。


1、2本目を観戦したナガドーナさんのBlogの記事


一年前から比べると確実に闘える様になった。

ここで言う闘うと言うことは、

・先を読む・予測すること
・相手を観て相手の逆を取る
・個人でもグループでもボールを簡単に奪われない、ボール支配を上げる
・相手より早く動き相手よりも先に触る
・相手の嫌なことを嫌なタイミングで行う
・奪われたボールをすぐに奪い返し、ゲームの主導権を握る


そんなところである。間違っても身体を激しくぶつけて戦うことだけではありません(もちろんそれもとても大切なことですが)。





自分達から繋ぎ、動かし、仕掛けることが多くの時間でできる様になった。
これは確実に日々の積み重ねの成果である。

出来なかったことが日々の練習の継続を経て出来る様になり、それが誰にも負けない武器となる。
後はそれに自信を持ち、真剣勝負の中で使うことができるか。

少しずつではあるが最近のゲームを見ると確実に成長している部分である。



ただ、まだまだ足りない。



その証拠にプレスがかからなくなったラスト2本はいい様に回され、チンにされ、連続失点を食らった。




今一番大切にしている部分でセゾンの子達の方がまだまだ一段上だったということ。



この日の試合で何を感じ、ここからどう変わり、成長していくか。

それが何より大切なコトである。



1、2本目の出来に満足して何となく日々を過ごすのか。
自分の下手さが悔しくて必死にボールを触り、意識高く日々を過ごすのか。

そこが分かれ道であり、その選手の素質・可能性ではないか。




小学年代や中学1年時に強烈だった選手、チームが、普通の選手やチームに変わり始めるこの時期。
何を見据え、何に取り組まなければいけないのか。

私達指導者もしっかりとしたものをブレずに持って進んで行かなければと改めて思う1日だった。

" Boys be ambitious "

セゾンのキャッチフレーズであり、ユニフォームにも書かれているこの言葉。
少年達が大志を抱ける様な指導、環境を与えて行きたいと思う。


IMG_4999.jpg

IMG_5033.jpg

IMG_5037.jpg

IMG_5237.jpg

IMG_5159.jpg



セゾンとの再戦は9月末に滋賀にて決定した。
今回大量のアウェーゴールを奪われたから、奪い返せる様に頑張りますか。笑

Hisamichinho




スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 1

« 2011SUMMER後半戦スタート!  |  全国高校女子サッカー選手権 »

コメント

No title

俺も試合見たかったな。Jより興味あるかも。
また機会があったら掛Jにお邪魔させて下さい☆

#- | URL | 2011/08/08 11:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。