08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

長所=武器→魅力 

突然ですが、みなさんは魅力あるサッカー選手と言われるとどういう選手をイメージしますか?
または、どういう選手をお金を払ってチケットを買って、観に行きたいですか?









おそらく長所=武器を持っている、何か人より抜きん出たものを持っている選手ではないでしょうか。





◯◯のドリブルがみたい、◯◯のシュートがみたい、◯◯のキラーパスがみたい等など・・・。

観る側の好みもあると思いますが、プロの世界でも人気がある選手というのは、人を惹きつける魅力を持った選手ではないでしょうか。





昨今、日本のサッカーの育成年代でもさかんに「長所を伸ばす指導」なんて言われてますが。



というわけで今回は私が考える長所=武器についての話です。



あくまでも個人的な意見なのであしからず。。









まず、長所というモノには大きく分けて2つあると思います。

1つは、先天的な、生まれ持ったモノ。
主に身体のサイズやスピード・パワー等の身体能力が挙げられます(もちろん、身体能力もトレーニングによって飛躍的に向上させることも可能です)

そしてもう1つは、他の何よりも時間をかけて磨いてきたモノ。
こちらは主にボールを扱う技術、そこから派生したスキル等が挙げられます。


大きく分けると先天的なモノと後天的(つまり本人の努力によって身につける)なモノということです。





レベルが上がれば上がるほど、1つ目の長所が必要になってくることが多いかもしれません。

ただ、育成年代では2つ目の長所を身につけさせることが必要であると思います。





これはいつもうちの選手達に言っていることでもありますが、「誰でもいずれできる様になること」を「誰よりも必死にやり続ける」ことで「誰よりも秀でた武器」となり、その選手の魅力になるのではないかと思います。






自分の高校時代。

試合に出て活躍する為には苦手な左足のキックを何とかしなければということになった私は、毎日の自主練に加え、他に何かを出来ないかと考えた結果・・・・。


授業中のノートを書く手を左手にしましたw


とりあえず足だけでなく左半身に神経を通わせなければと思った末の行動でした。
おかげでノートを書く量が多い世界史や国語は相当苦労しましたが。笑

先生にも、サッカーの為に左手でノートをとっていると堂々と言って納得させていました。今となればアホですね。笑


そんな努力のおかげもあったかどうかはわかりませんか、何とか人並み以上に左足も蹴れる様になり、今でもあの頃の努力の経験は自分の中で大きな糧になっています。




まぁそんな平凡なプレーヤーの私の話はこの辺にして。









大切なのは、必死にやり続けられるかということです。


最初から上手くいく人などいません。最初は失敗続きなことがほとんどです。





繰り返しになりますが、プロ選手が持つ長所=武器も、サッカーを始めた当初からの長所=武器でない場合が多いというコトです。←ココが大事!!





誰よりも多い失敗を経て身につけて、磨き続けてきたものなのです。





例えばリフティング。

最初はみんな2、3回がやっとです。

大切なのはそこからどうするか。

できないから、つまらないからと諦めるか。
失敗に失敗を重ね、ある日出来るようになるのか。

こうなりたいという姿(例えばリフティングが100回出来る様になる!等)に向かいやり続けられるかが勝負ではないでしょうか。

それがいつしか100回という結果に繋がり、さらに追求していくコトにより、ボールを自由に操る華麗なタッチや厳しい状況でも相手に奪われないボールコントロールに繋がるのではないかと思います。



メッシのドリブルも、Cロナウドのシュートも、きっとそうやって磨かれ続け、誰にも負けない長所=武器=魅力になって行ったのではないでしょうか。


「努力の天才」という言葉もありますが、努力し続けるということが最大の才能ではないかと思います。

つまり諦めず努力し続けることによって長所となり武器となり、それがその選手の魅力になって行きます。






話があっちこっち行ってしまいましたが。。。。


うちのU-14選手達も掛JのJY選手となって1年半が経ちました。

最初は誰一人として出来なかったアウトサイドのリフティングも、細かいタッチのドリブルも、何となくサマになってきて少しずつ試合でも出せる様になってきました。


ただ、まだまだです。ここから誰よりも必死にやり続けるという経験、そしてそこから身につくオリジナルの武器と自信を得る為に1日1日、自分にも周りにも厳しく過ごして行き、魅力ある選手・人間になって行って欲しいと思います。



今回は珍しく長文でした。長い割には中身がない可能性も大きいですが、今回はこの辺で。


りけるめ
私の大好きな選手、ファン・ロマン・リケルメ。
短所もあるが、他の誰とも違う魅力満載の彼がまさかの代表復帰。非常に楽しみです!



Hisamichinho
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 明日から  |  技は磨くもの、心は創るもの 【U-14長野阿南合宿】 »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。