08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

第89回高校選手権 

第89回の高校選手権は、滝川第二と久御山という関西勢同士のファイナルの末、5-3という激しい試合を制した滝二が初優勝を飾り幕を閉じた。

滝二の2トップ始め高い個を生かした速い攻撃と久御山のパスとドリブルで組み立てられたゆったりとした攻撃とどちらのチームも持ち味を出し、さらには5-3という最後までスリル満点の展開は観ている側としては本当に楽しませてもらった。
と同時にどちらのチームからも聞かれた【地域の子ども達に夢を与えられる試合】が出来たのではないかと思う。


かく言う私も今大会、31日の一回戦から現地観戦・TV観戦合わせ9試合もの試合をチェックすることができた。おそらく過去最多であり、決勝は珍しく祝日OFFが重なったこともあり、ライブ中継で観戦することができた。



この選手権という位置づけも日本のトップを決める大会から高体連のトップを決める大会へと変化し、ジュニア・ジュニアユース年代のエリートと呼ばれる選手達の多くはJ下部に所属する時代となった。

今年度いっぱいでこれまでのプリンスリーグ+高円宮杯という形式が終わりを告げ、来年度からは全国リーグなるものが創設されることになる。

育成最後の年代であるU-18年代の日本サッカー界も大きな変化の時が来たと言える。

そんな変化の年に行われた今大会。

高校サッカー界の名将であった黒田前監督の後をカコイ監督が引き継ぎ、試行錯誤の末、初の優勝をつかんだ滝川第二。
本当におめでとうございます!
ちなみに、大学の先輩や同級生にも滝二OBが多くいる。みんな元気にやってるかなぁ~!


そして、なんと言っても準優勝の久御山の躍進である。
限られたハード面の中で、松本監督の長年の信念がついに結果となり、6年前の野洲以来の旋風を起こした。



~以下エルゴラッソより抜粋~


【花開く”静学の血脈”】

 松本悟監督は51歳。久御山中時代から志したサッカーは、京都商高時代に出場した選手権で目の当たりにし大きな衝撃を受けた静岡学園のスタイルだった。
「井田のおっちゃんがやってるのを見て、『俺もああいうのをやりたい。あれを京都でコテコテにやっていきたい』と思ったんだよ。」と笑う。
 その後、97年度の京都総体に向けた強化策の一環としてその前年から久御山高に赴任した。そこでも追求したのが技術主体の静学スタイル。
派手な結果こそ付いて来なかったものの、独特のサッカーを追及する久御山と松本監督の名は関係者の間で自然と知られるようになった。昨年のチームも今年以上のスケール感を持った好チームだった。ここで結果が出たのは単なる偶然ではあるまい。
 優勝候補と目された静岡学園が予想より早期敗退となった大会で、二十余年にわたって京都で息づいていた”静学の血脈”が花開きつつある。




静岡学園、野洲、そして今回の久御山。
日本が世界で戦うということを念頭に置いたところからのスタイルと信念に導かれた膨大の日々の継続が結果を生み、誰しもを納得させるカラーとなる。
私たちは評論家ではなく、現場で戦う実践者でなければならない。

先日、静岡学園のコーチである齋藤興龍氏とお話させて頂いた内容とダブって見えるような今回の久御山の快進撃。
ただ形を真似をするだけという薄っぺらいことでは決してなく、私たち育成サッカーに関わる者が学ばなければならない、感じなければならない、そして自分達が指導している子ども達に還元しなければならないたくさんのヒントが詰まった今大会。

高校選手権がかつてと位置づけが変わっていく中での新たな方向性。
どんなに時代が変わっても選手権の日本のサッカーシーンにおける重要性は何も変わらない。むしろ大きくなっていくのではないか。

それだけこの選手権と言う大会には大きな意味がある。改めてそんなことを感じた今大会。

また来年も観に来よう!来年はどんな選手が、どんなチームが、どんなサッカーを表現するのであろうか。
そんな楽しみを今大会もたくさんもらうことができた。





うちに話を移すと、

掛川の土のピッチが満員の国立のピッチに繋がっていて、その先にはさらの大きな世界が待っている。

本気でそう思い、毎日毎日ボール蹴り続ける選手が出てきたとき、あの舞台にMade in Kakegawaの選手が立っていることだろう。

そんなことを夢見てまた明日から頑張っていこうと思う!



                                      Hisamichinhio
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 新年スタートから2週間  |  掛J・Football2011  START! ~進化~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。