08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

EUROと少年サッカー 

連日のEURO2012も残すところセミファイナルとファイナルの3試合のみ。


毎晩(毎朝)、不規則になりながらもほとんどの試合をチェックしているサッカーファミリーのみなさんにとっては少し寂しくなって来ている今日この頃です。



しかし、いよいよセミファイナル。4年に一度の欧州王者を決める決戦はいよいよ佳境に入ってきました!


[スペインvsポルトガル]、[ドイツvsイタリア]。


どちらも目の離せない本当に素晴らしいカードになりました。




大会前に、スペイン同様注目すると宣言したイタリアがここまで予想を大きく裏切る魅力的なフットボールで勝ちあがって来てくれたことが何よりうれしい私ですw

今朝のイングランド戦。PK戦でのブッフォンとピルロには「漢の中の漢」を見ました!

ぶっふぉん




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
EURO同様このブログからも情報を発信します!このブログを多くの方に読んで頂く為、上記バナーをポチッとワンクリック願います!




さて、今回の本題に入ります。



欧州王者を決めるEURO2012という舞台にも色んなサッカーが存在します。



それぞれのサッカー文化・歴史、選手達のカラー、監督始めチームスタッフのマネジメント、国民性などなどが混ざり合い、ピッチ上でのスタイルや戦い方が表現されているのだと思います。



例えば、今大会一番の驚きでもあるイタリア。


今季ユベントスで完全復活以上のハイパフォーマンスを見せ付けたピルロを中心にした中盤の構成力(ピルロ同様マルキージオやモントリーボ、ディアマンティにもご注目ください)。

初戦であるスペイン戦で世界中の驚きと熱狂を誘ったデ・ロッシを中心にすえた3バック(ここ2試合は4バックに戻しましたが個人的にはもう一度3バックにしてほしい)。

カッサーノ&バロテッリにディナターレやジョビンコといったハイタレントを揃えたFW陣。

まさに守護神という大活躍を見せるGKブッフォン。

そして監督のプランデッリの采配。


他にも色んな要因があると思いますが、明らかに数年前までのイタリアとは違った魅力的なスタイルでここまで勝ちあがって来ています。




自ら主導権を握り、ゲームを支配し、勝利を目指す。



「守備を固めて前線のハイタレントの個の輝きに全てを託すスタイル」から「全員がボールを大切にしながら一人一人の特長や個性を連動させて相手を崩すスタイル」へ変貌を遂げました。


そんなスタイルが、昨今のバルセロナやスペイン代表の活躍と相まって、世界中のサッカーファンの支持を得ているのではないでしょうか。



'10W杯に続き、今大会でもここまで危なげなく勝ち上がって来ているドイツにも同じことが言えるのではないでしょうか。

もちろん、こう言った流れの源であり、さすがのサッカーを見せているスペインも。



数年前までは、内容はともかく最後に勝つチームの代表格がドイツとイタリアと言われてましたからね。(事実、過去にイタリアは4回・ドイツは3回のW杯チャンピオンに輝いている)


そう言った意味では、数年前までは魅力的なサッカーの代名詞であったオランダとフランスの敗退は寂しいですが、試合を見れば上記の3チームとの間に大きなクオリティの差があるので仕方ありません。。。



そんな今大会を見ていると改めて魅力的なサッカーが人々を惹きつけるということを強く感じさせられます。



この数年で「勝てば官軍」と言われた時代から、「魅力的に勝つ」時代に大きくシフトしてきたと言えます。




そんな世界のトップレベルの変化を見て、将来を夢見る子ども達のサッカーに関わる私たちの様な人間は何をしなければならないのでしょうか。


世界のサッカーは大きく変わって来ています。そして今後も変わっていきます。



今自分が担当している12歳の子ども達が第一線で活躍するのは10年後~15年後くらいだとして。

今の世界のトップを見ることで、今子ども達に何をしてあげなければならないかを考えることではないでしょうか。
そして、10年後のサッカーで活躍できるベースを今作ってあげることではないでしょうか。



EUROと少年サッカー。



共通する点(環境やレベルは違えど、魅力的な選手・魅力的なサッカーには違いはない)と、相違点(あのレベルで活躍するために今重点的にやっていかなければならないことが育成年代にはあるということ)。


どちらも大切なことで、私たち育成に携わる人間はキチンと目を向け整理して子ども達に伝えていかなければならないと思います。


私自身も残り3試合、ガッツリ勉強したいと思います。



あの舞台やレベル(日本人はEUROには出れませんがw)で活躍できる選手を育成すること、あの舞台やレベルで活躍したいと本気で思う子ども達を指し導いて行く為に!!


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!ヒサミチもっと頑張れという励ましも込めてポチッとワンクリック願います!

ではまたー。

                                            HiSAMiCHiNHO

スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« ここから夏へ  |  百聞は一見に如かず »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。